こんにちは。

 

八月に入ってからの仙台は、すっかり梅雨に逆戻りした感がありますね。

今年はたいして雨も降らず、七月は猛暑の日が続いていたこともあり、まさかこんな冷夏になるとは思ってもみませんでした。


 

世間はお盆休みが終わり、今日から普段通りの生活がはじまったところでしょうか。

我が家では10日から15日まで弟家族が泊まりに来ており、朝から晩まで大騒ぎが続いてました。

それもようやくおとといの早朝に終わり、家族そろって息をついているところです。


毎年のこととはいえ、犬は相変わらず、姪たちがいなくなるなり、ごはんも食べずに一日中眠り込んでいました。

 

 

さて、ベガルタですが、

こちらのほうはようやく長い長い冬を抜け出たようですよ。

 

わたしは観戦できなかったのですが、週末はホームで広島を10で下しました。

いやあ、素晴らしい。

 

スタジアムに行けなかったばかりか、試合内容もよくわかりませんが、

西村のシュートがゴール前にこぼれ、そこに走りこんだ奥埜がゴールを決めたようです。

 

いやはや、よかった、よかった。

 


とはいえ、八月はこのあと、新潟、札幌と、下位チームとの試合が続きます。

ここまでは強豪との試合が続いたため、苦戦しましたが、同等レベルか下位チームとの試合はなにがなんでも勝たねばなりませんね。

 

 

奇しくも神戸がネルシーニョ監督を解任したりと、今年はなんとなく苦戦しているチームが多いような気がします。

 

ベガルタは飽くまでも、ベガルタらしさを押し出して、勝っていきたいですね。

 

 

写真つきのブログもよろしくお願いします

http://ameblo.jp/uraura-sato/

 

 

 

にほんブログ村 http://www.blogmura.com

 

こんにちは。

今週末の鳥栖戦は11でした。

 

わたしは家でネット配信を見ていたのですが、例によって?途中から見られなくなり、

結局ラジオで試合の様子を聴いていました。

そんなわけで内容については、あまり詳しくわからなかったのですが、ベガルタにとってはそれほど良い試合じゃなかったようですね。

アウェイでの試合ということも鑑みると、引き分けでも十分というところじゃないでしょうか。

明日以降、ネットでハイライトなども見ておこうと思います。

 

 

ところで、かつてベガルタに伊藤壇という選手がいたことを覚えていますか。

彼は大学卒業後、ベガルタに二年間在籍しました。


わたしはオンタイムで彼の活躍を知っているわけではないのですが、知り合いのベガサポの方が彼と仲良くしていたらしく、

いろいろな話だけは以前から聞いていました。

 


彼はベガルタを退団した後、様々な国や地域でサッカーをプレーし続けているようですが、

つい最近、「クレイジージャーニー」という番組で外国での生活を紹介していました。

 

 

オンタイムで伊藤選手を知っていたわけではなかったので、正直なところ、この番組で彼については詳しく知るところになりました。

番組によると、彼はアジアの国のみでサッカーをプレーし、しかもどのチームも一年契約で終了する、という生活をしているようですね。

 


多くの日本人選手がヨーロッパで活躍しているというのに、なぜ伊藤選手はアジアにこだわっているのか、というと、

「アジアに詳しい人がいないから」という理由のようでした。


アジアのサッカーに詳しい人がいないという環境の中、交渉から契約まで、なにもかも自分でこなすという伊藤選手の存在は、本当に稀有だし、驚きでした。

 

 

アジアの国でサッカーするにおいて、彼の一番のこだわりは、

「プロとしてサッカーできること」

ということだそうです。


つまり、オフシーズンもバイトをする必要がなく、サッカーの給料だけで暮らせる条件を得られることが重要ということです。

これはプレーする国の物価なども関係してくるのでしょうが、あくまでもその場所で、サッカーだけで暮らすことを条件に契約を結んでいるということでした。

 

そして面白いことがもう一つ。

それは、どんなに環境画良くても、契約は一年のみ。一年たったら、ほかの国でサッカーをする、という決め事です。

 

彼によると、短い現役の残り時間、出来るだけ数多くの場所でサッカーをしてみたい、ということでした、

そんな風に過ごしてきて、気が付いたら、今や19か国でサッカーをし、20か国目を探している、ということになっているのです。

いやはや、すごいですね。たくましいなあ。

 

 

それにしても、トラックの荷台に乗って、三時間かけての移動とか、

試合前泊の場所が誰かの民家で雑魚寝とか、はるかに想像をこえるサッカー環境でした。


それでも、現役生活を終えたら、今度はまたもやアジアの国々で、今度は指導者として活動したい、ということを言っていました。

ほんとうに楽しんでるんだなあ、と思いました。

 

今後も是非とも活躍してほしいですね。

きっと彼の後に続く若い選手がたくさん出てくることでしょうね。

 

 


こんにちは。

 

前回の更新からあっ!という間に、ずいぶん経ってしまいました。

今年からJリーグの試合はネット配信されているため、コンピューターの調子が悪いと、試合すら観られないんですよね・・・

 

そんなわけで、ここしばらくはホーム戦しか観られませんでした。

 

そして、前節大宮戦はというと、なんとスマートフォンの小さな小さな画面で観てましたよ。ううう。

 

 

さて、泣き言はさておき、大宮戦ですが。

 

負けました。

 

しかも、逆転負けでした。

 

 

うーむ。

 

わたしは後半から試合を観たのですが、観始めた当初はベガルタが試合を支配しているように見えたんですよね。

実際、その時点では10でリードしていたし(クリスランのPK)、追加点を取るのも時間の問題かなと思っていました。

 

 

ところがですよ。

一回のセットプレーによって、いとも簡単に失点をゆるしてしまいました。

ゴールの真ん前でフリーになっている選手がいたら、そりゃ失点するでしょ・・・

 

 

とはいえ、まだまだ11。勝負はここからと思っていました。

 

ベガルタはその後、セットプレーから大きなチャンスをつかみます。

三田のCKがどんぴしゃでゴール前に上がり、相手DFたちもゴールニアの選手につられているため、

真ん中はフリー。

蜂須賀が満を持してヘディングしましたが、ボールはなぜかゴールの脇に吸い込まれていきました。

決定的な場面だっただけに、本当に残念でした。

 

 

そしてその後、ベガルタ側の些細なミスから中盤でボールを失い、

そこで一機にカウンターを食らってしまいます。

 

中央から大きく蹴り上げたボールははるか最前線まで届きました。

ボールを受けたのは大前。

大前は見事というしかない切り返しで、ゴールに迫ります。

そしてシュート。

 

 

このシュートはGKも止めることが出来ず、逆転を許してしまいました。

 

 

その後もベガルタは追いつくことが出来ず、結局21で負けました。

 

この敗北をうけ、ベガルタの順位は14位まで下がりました。

 

ま、なんというか、下位相手に勝ち点を落とすなら、どこで勝ち点を取るのか、って話ですよね。

ここしばらく、ル・ヴァン杯も含め、順調かと思っていたのですが、無念です。

 

 

この埋め合わせは是非ともホームでしてほしいですね。

そろそろホームで勝利が見たいなあーーーーーーー

 

 

写真つきのブログもよろしくお願いします

http://ameblo.jp/uraura-sato/

 

 

 

にほんブログ村 http://www.blogmura.com

先週末はホームにて神戸との試合がありました。

その日は奇しくも311日。

特別な記憶の残る日に、同じように被災した二チームがマッチアップするという、特別づくしの試合でした。

 

 

311日当日の試合ということもあり、試合前にはピッチ上の選手以下関係者、そしてスタンドにいる全員で黙祷が行われました。

神戸の選手から千羽鶴の贈呈もありましたよ。


6年前の震災の被害を考えると、ホームスタジアムでサッカーの試合を観戦できることがいかに稀有な幸せかということが胸に迫ってきました。

東北の至るところでは、いまだに復興を実感できないまま暮らしている方々がたくさんいらっしゃいます。


そういった方々が一日でも早く、元の、あるいは元に近い生活を取り戻せるよう、願ってやみません。

 

 

さて、試合ですが、わたしは個人的に、今季初めてベガルタの試合を観ました。

今年はなにしろ、これまで開幕二連勝!

しかも新加入の石原選手が活躍しているということもあり、期待いっぱいで試合に臨みました。

 

前半はその期待を全く裏切らない試合展開でした。

3-4-3というあたらしい布陣を活かし、両サイドから良い攻撃を繰り広げていましたね。

あいにく得点にまでは至りませんでしたが、梁のシュートなど、ベガルタが神戸を押し込む時間が多かったように感じます。

去年まであれほど怖かった神戸の攻撃が、レアンドロの不在などもあり、気になりませんでした。

 

 

しかし!

しかしですよ!

そんなに簡単に勝たせてくれないのが、名匠ネルシーニョですよ。

なんと、後半の頭からメンバーを替えてきたんですよね。


 

はっきり言って、この交替にベガルタは翻弄されてしまいました。

翻弄されるばかりか、なんと5分間で2失点!!!!!涙


ベガルタ陣内に押し込まれている状況で、「あ、スペースが空いた」と思ったその瞬間、神戸の選手にシュートを打たれ、失点してしまいました。

 

夕方、スポーツ番組でアンバサダーが解説していたところによると、後半は最終ラインが下がり過ぎて、選手からボールまでの距離が遠すぎたそうです。

新生ベガルタの布陣のマイナス面がすっかり出てしまった形ですね。残念。

 

 

その後、ベガルタも珍しく選手の二枚替えをするなどして対処しましたが、かえって攻撃が単調になってしまった印象でした。

個人的にはシャドーの選手というよりも、金久保などを入れて欲しかったなあと思います。

得点する選手よりも、その前でボールを散らせる存在が不足していたような印象でした。

 

 

結局この日、ベガルタは最後まで得点することが出来ず、20で負けてしまいました。

とはいえ、まだ三節ですし、あたらしい布陣がまあまあ機能することはわかりました。

前線の選手たちの連携は今後ももっと良くなるでしょうし、怪我人も少しずつ戻ってくるのかなと思います。

 

 

311日という特別な日に勝利できなかったのは残念ですが、今後もベガルタを応援していきたいと思います。

次回は是非、石原のゴールを間近に見たいなあと期待しています。

 

 

 


遅ればせながら、あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。


 

去年はリーグ戦がいつになく早く終わったこともあり、なんとなくブログを書く手が進まないまま、年末を迎えてしまいました。

とはいえ、リーグが終わったあともクラブワールドカップやら、チャンピオンシップやら、

サッカーの話題には事欠かなかったですね。


 

個人的には、年末にかけての鹿島のグレードアップに舌を巻きました。

ワールドカップで思わぬ(失礼!)活躍をしたのにももちろん吃驚しましたが、

そのあとのチャンピオンシップは、ほとんど鹿島の独断場でしたね。

一チームがほんのわずかの期間に、あれほどの成長と飛躍を遂げることが出来るというのは、

ほかのチームにとっても大きな希望と目標になるのではないか、などとも思いました。


 

それにしても、今更な感じはありますが、鹿島対レアルマドリード戦で、セルヒロ・ラモスが退場しなかったのはーーーーー。


ああいう場面で審判がノミの心臓だと、試合の流れをすっかり遮断してしまいますね。

うーん、残念でした。

 

 

さて、今年のベガルタ体制はほぼ揃ったようですね。


年末年始に主要選手が何人も流出したことを考えると、主に攻撃陣で人数の足りなさ、を感じてしまいますが、今後サプライズがある!と信じたいですね。

 

今年はなにしろ、チームの顔ぶれをはじめとして、1ステージ制に戻ることや(やった、やった!)、試合放映の方法がかわるなど、

サッカー観戦の周辺でいろいろなことが変わります。

試合を見るだけとはいえ、こちらのほうもいろいろ準備することがありそうです。

 

 

ちなみに今年の初戦はユアテックスタジアムにて、225日に札幌コンサドーレと対戦することになりました。

札幌と試合をするなんて、いつぶりのことなんでしょうかね・・・

あの長いJ2時代はお互いに切磋琢磨したものですが、今度はJ1で戦うことになります。

もちろん、ベガルタが勝ちますが!(笑)

 


そんなわけで、今後もベガルタの様子を逐一注視していきたいと思います。

 

みなさまのお年がすばらしいものになりますように。

 

 

写真つきのブログもよろしくお願いします

http://ameblo.jp/uraura-sato/

 

 

 

にほんブログ村 http://www.blogmura.com

 


こんにちは。

 

J1リーグは終わってしまい、ウイルソンらブラジル人選手たちは帰国しましたが、

ベガルタは今週いっぱい練習しているようですよ。

 

一方、J2リーグはまさに最後の佳境に差し掛かり、来期からJ1に昇格するチームが決まりました。

 

昇格が決まったチームは札幌と清水になりました。

わたしは個人的に松本を応援していたのですが、最終戦に勝利したにも関わらず、清水との得失点差のせいで、プレーオフにまわることが決まりました。

 

J1J2ともに、最後の最後までどうなるかわからないという意味で波乱万丈のシーズンでしたが、今後はJ2のプレーオフやJ1のチャンピオンシップがあるので、もうしばらく楽しめそうですね。

 

 

ところで、来期からはまた1シーズン制に戻りますね。

わたし個人としては、やはり1シーズン制のほうがいいなと思っていたので、うれしい限りです。

しかし、来年Jリーグの放映権をとったのがスカパーではなく、どうやらネット関連の会社らしいので、その辺が今から心配です。

サポーターたるもの、アウェイの試合も含め、観られる試合は全部見たいですからね。

 

 

そうこう考えていると、代表選もあったことだし、ベガルタの試合がないとはいえ、なかなか盛りだくさんですね。

あと気になるのは選手の去就!!!

特にレンタルで来ている三田には是非残留してほしいと思います。

 

ああ、早く安心させてほしいなあーーー

 

 

写真つきのブログもよろしくお願いします

http://ameblo.jp/uraura-sato/

 

 

 

にほんブログ村 http://www.blogmura.com

 


こんばんは。

 

11月3日の最終戦をもって、ついに今季ベガルタのすべての試合が終わってしまいましたね。

例年よりおよそひと月も早いシーズンの終了。

この後、どうすればいいのか・・・

しかもウイルソンも帰国しちゃったし。涙

 

 

ちなみに3日の東京戦はもちろん、スタジアムで観戦しましたよ。

ウイルソンの退団がすでに発表されていたこともあり、どうしても勝ちたい試合でしたが、最後の最後まで得点が奪えずに、0-1で負けてしまいました。

 

渡邊監督にしては、交替のタイミングも早かったし、交替のカードがすべて攻撃の選手だったことなど、

珍しく勝ちにこだわっていたのですが、結果に結びつかず残念でした。

 

 

今年のベガルタの成績は12位でした。

途中、良い時期もあったので、もう少し上に行けるかな、と思ったこともありましたが、

怪我人が多かったり、試合の進め方が不安定だったりしたことが伸び悩みの原因ですかね。

特にウイルソンが怪我したり、中盤の選手たちが軒並み欠場したのは痛かったですね。

理想としては、誰が出ても同じように戦えるといいのですが、現実はそうもいかず。

 

まあ、残留が早めに決まったのは良かったですし、今年の反省点を来年に活かすべく、今から頑張ってほしいですね。

 

 

ひとまず、選手のみなさんはお疲れさまでした。

それと、五年間仙台を愛し、仙台のために戦ってくれたウイルソン選手、本当にありがとうございました。

怪我を治して、ふたたびピッチで会えるのを楽しみにしてます。

今後のご活躍をお祈りしています。

 

 

写真つきのブログもよろしくお願いします

http://ameblo.jp/uraura-sato/

 

 

 

にほんブログ村 http://www.blogmura.com


こんばんは。

前回の更新から、またまたご無沙汰してしまっていました。汗

 

今週はベガルタの試合はありませんでしたが、

前節の鳥栖戦に見事勝利し、J1残留を決めることが出来ました。

 

 

しかも、この試合はハモン・ロペスのハットトリックでの勝利でした。

 

 

とはいえ、この試合も完璧な出来には程遠かったですね。

 

やられるとわかっているのに、豊田にやられちゃいましたし、

その後、ヨシキにもやられましたよ・・・

 

 

でも!

勝ったこと自体はやはり、素晴らしかったですね。

J1でハットトリックをしたのも、ベガルタ史上初だったようですね。

よかった、よかった。

 

ベガルタの試合がないと、なんとなく手持ち無沙汰な週末ですが、

来週はホームにて神戸との試合があります。

残留も決めたことだし、ベガルタらしい試合で勝ってほしいですね。

 

 

写真つきのブログもよろしくお願いします

http://ameblo.jp/uraura-sato/

 

 

 

にほんブログ村 http://www.blogmura.com


こんばんは。

すっかりご無沙汰してしまいました。汗

 

Jリーグは第二ステージにとっくに突入し、ベガルタはなかなか快調ですよ。

なにしろ、しばらくぶりにスタメン復帰したウイルソンが、完全復調したんですよねー。

やっぱり、エースがこうでなきゃ!と言いたくなるような、素晴らしいゴールを何度も見せてくれていますよ。

いやはや、ここからさらなる上を狙っていきたいですね。

 

 

さて、先週末の福岡戦はアウェーで行われました。

わたしは所用があって、観ることが出来なかったのですが、

なんとこの試合でもウイルソンが得点しましたよ!!!

これで彼は三試合連続得点を決めてくれました。

 

 

ウイルソンが得点したのは、右サイドからの奥埜のパスからでした。

 

ほんと、彼がやると、いとも簡単に見えるんですけど、すごい反応ですよね。

奥埜のパスもピンポイントで素晴らしかったです。

 

 

これで三連勝・・・?

と思いきや、その後、後半に追いつかれてしまいました。

福岡の選手のロングスローから、坂田のシュートでした。

 

 

そのあと、ベガルタにもチャンスはあったようですが、得点までには至らず、

11の引き分けで終了してしまいました。

 

 

とは言え、ウイルソンやGKの関の大活躍はいうまでもなく、

新加入したばかりのパブロジオゴもピッチに登場したようですよ。

ハイライトで見る限りでは、ウイルソンにタイムリーなロングパスを出してチャンスを演出するなど、

これからが楽しみな選手でした。

早くベガルタのサッカーにフィットして欲しいですね。

 

 

さあ、明日はふたたびアウェーで鹿島との試合があります。

明日はしっかりテレビの前で応援しようと思います。

 

明日も暑いでしょうが、是非とも勝ち点3を取って来て欲しいです。

 

 

 

 

 

写真つきのブログもよろしくお願いします

http://ameblo.jp/uraura-sato/

 

 

 

にほんブログ村 http://www.blogmura.com

 

 


こんにちは。

先週はリーグ戦がありませんでしたが、かわりにナビスコ杯、柏戦がありました。

 

先週は水曜日にもナビスコ杯の新潟戦があったばかりでしたが、

この時は若手中心のメンバーながら、見事勝利することが出来ました。

 

そこで迎えた、アウェイ柏戦。

今回は主力中心で臨みましたよ。

 

 

ベガルタは今年、怪我人が多く、なかなか全員が揃うことがないままですが、

柏戦では菅井選手がスタメンに復帰しました。

新加入の大岩選手もなかなかいいですが、やはり菅井がいると、気分が違いますねー。

 

 

さて、柏戦。

 

立ち上がりから、互いに中盤でのつぶしあいが目立ち、両チームとも、なかなかシュートまで持ち込むことが出来ません。

特にベガルタは守備が集中していて、柏の攻撃をしっかり防ぎました。

 

中でも久しぶりのスタメンを手にしたGK関の奮闘ぶりはすごかったですね。

 

 

前半、ベガルタの見どころとしては、ディフェンダーにあたったボールを

金園がダイレクトでシュートを打ち、

ゴールを決めるという場面があったのですが、

オフサイドでカウントされませんでした。

残念。

 

 

後半に入ると、ベガルタは守備に忙殺される時間が長くなりました。

柏がベガルタ陣内で、あんな手やこんな手をつかって攻め込みますが、

GKの関を中心に、しっかり守り切ります。

 

途中、田中順也の危ないシュートをかありましたけど、運よくゴールポストに当たったりして、難を逃れましたよ。

田中はそのあと、怒り紛れの?ミドルも打ってきましたねー。

危ない、危ない。

 

 

ベガルタのほうは、水野が入って攻撃が活性化されました。

右サイドでボールを持って駆け上がる水野。

水野自身はそのあとDFにつぶされましたが、後ろから来た菅井がボールを奪取し、

そのまま、中央にパス。

 

そのボールがこぼれたところをキャプテンの富田がシュートし、見事先制点を取りました。

 

 

その後、ベガルタはほぼ一方的に攻め込まれましたが、

なんとかしのいで、10のまま勝利しました。

 

 

いやあ、素晴らしい!

これでナビスコは二連勝ですよ!!!

 

 

是非ともこの調子で、今度はリーグ戦も勝ってほしいですね。

次ななぜか金曜日の広島戦!!!

 

 

写真つきのブログもよろしくお願いします

http://ameblo.jp/uraura-sato/

 

 

 

にほんブログ村 http://www.blogmura.com

 

 

 

月別 アーカイブ

ウェブページ